円錐角膜治療

円錐角膜治療とは、円錐角膜の進行を遅らせる治療です。

円錐角膜

円錐角膜とは角膜が薄くなり、前方に突出してくることにより不正乱視が生じ視力が低下する疾患です。 両眼性の疾患ですが、左右の眼で進行の程度に差があることが多いです。中等度までの円錐角膜はハードコンタクトレンズによって矯正できますが、 重度になるとハードコンタクトレンズがうまくフィットしない、またフィットしても視力が出にくい、角膜にこすれて痛みが生じるなどが原因で角膜移植が必要となります。 進行の度合いは個人差がありますが、10~20代の若年者は角膜の強度が弱く進行が速い傾向にあるため、リボフラビン紫外線治療(クロスリンキング)による早期の進行予防治療を強く推奨します。

適応検査で円錐角膜と診断された場合、軽度でもエキシマレーザーを使って角膜を削る視力矯正手術を行うと角膜強度が低下し、円錐角膜が進行する可能性があるので、 レーシックやPRKなどのエキシマレーザーを使った視力矯正手術を受けることができません。


円錐角膜治療の種類

円錐角膜用コンタクトレンズ

軽度~中等度の円錐角膜に対して、円錐角膜用のコンタクトレンズを装用することによって、視力が改善されます。

リボフラビン紫外線治療

リボフラビン紫外線治療(クロスリンキング)とはドイツのSeilerらが開発した方法で、円錐角膜の進行を抑える方法です。進行の早い10~20代では早期の治療を強く推奨します。

角膜内リング(インタクス・フェラーラリング)

角膜内リングとは、角膜に半円弧状のリングを挿入することによって角膜カーブをフラットに変え、長期的に円錐角膜の形状を改善します。

ケラクリア

ヨーロッパでCEマークを取得した、角膜ドナーを必要としない最新の人工角膜移植術です。

角膜移植

重度の円錐角膜眼に対して、日帰りの角膜移植を行っています。

手術・検査費用一覧


円錐角膜治療お役立ち情報