表参道眼科マニア

南青山アイクリニックが眼科に関するマニアックな話題を中心にお送りいたします

*

レーシックとは何か?失敗しないレーシック選び

      2017/02/11


レーシックと聞くとどの様なイメージを思い浮かべますか?

視力が劇的に回復するけど失敗すると失明するし、失敗する可能性も高い様なイメージをお持ちでは無いでしょうか?

一概にレーシックと言っても、その手術方法にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴があるのです。

今回はそのレーシックの種類についてご紹介しますので、自分に合ったより良い方法を探って行きましょう!

レーシックとは?レーシックの基本的な事

そもそもレーシックとはなんでしょうか?

レーシック(英語名:LASIK)とは角膜と呼ばれる目の表面を、エキシマレーザーと呼ばれる混合ガスを使用して発生させるレーザーによって曲面を整える事で視力を回復させる手術方法で、施術時間がわずか15分程度で完了するという驚異のスピードを誇ります。

手術の手順としては以下の通りになります。

  1. 点眼麻酔(目薬タイプの麻酔薬)をする
  2. 器具やレーザー等で角膜表面にフラップ(蓋の役割を果たす膜)を作成
  3. 角膜にレーザーを照射して角膜を変形させる
  4. フラップを元の位置に戻して蓋をする
  5. 洗浄して終了

こうしてみるとわずか15分程度で施術が終わるとはいえ、日常生活にかなりの影響を及ぼす部分なので恐怖心も相当なものです。

ただ、レーシックはコンタクトレンズと違い一度施術が終われば費用はそれだけなので経済的ですし、わざわざ外す手間というのもありません。

レーシックをする場合は信頼できるお医者さんによく話を聞いて、納得してからの方が良いでしょう。

レーシックの無料説明会スケジュールはこちら

レーシックに向かない人とは

目が悪いからと言って誰でもレーシックを受けられるという訳ではなく、

避けた方が良いという方もいます。

  • 20歳未満の方(成長期にある為視力が不安定)
  • 妊娠・授乳中の方
  • 眼疾患がある方
  • 眼の角膜が薄い方
  • 糖尿病等の疾患がある方

以上の様な方は適応検査(眼がどの様な状態にあるかの検査)でレーシックが受けられないと伝えられる可能性があります。

c3805771f640749e03dc25a16ba54d17_s(出展:Photo AC

新しいレーシックとは?カスタムレーシックについて

さて、現在ではレーシックから更に踏み込んだ施術方法のカスタムレーシックが主流となっていて、

角膜の曲面だけでなく、角膜の歪みや眼球自体の歪みも矯正しようという施術方法です。

患者一人一人に合わせた施術内容になるので、より効果的な施術を行える事が強みです。

このカスタムレーシックにも2種類の施術方法があります。

トポリンクレーシックとは?

まず一つ眼の施術方法はトポリンクレーシックというもので、

角膜の形状の非対称性が大きい方や、角膜の不正(正しい形じゃないという意味)が大きい方等に向いた施術方法です。

角膜の歪みを補正してクリアな視界を実現します。

ウェーブフロントレーシックとは?

もう一つはウェーブフロントレーシックという施術方法です。

この施術方法は収差(目のゆがみ)が大きい方、暗い所での瞳孔径が大きい方に向いており、

眼球自体の歪みを補正してクリアな視界を実現する施術方法です。

レーシックの無料説明会を実施しています!

d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s(出展:photo AC

レーシックに見えるけどより負荷の低いレーシックとは?

最近ではより角膜に負荷をかけない機器「ReLEx SMILE」も登場し、

これによって矯正効果も高くなり、また近視の戻りが少なくなりました。

今までレーシックにマイナスイメージを持っていた方も、この機会に説明会を受けてみてはいかがでしょうか?

無料説明会のスケジュールを確認する


この記事を書いた人

ライター名:フリーランス
小学生の頃から目が悪く、今現在裸眼で0.02という悲しい状況に陥っているが、
メガネ好き女子を狙っているのでメガネで行くかレーシックを受けて伊達メガネにするか日頃悩んでいる。

 - 投稿記事