表参道眼科マニア

南青山アイクリニックが眼科に関するマニアックな話題を中心にお送りいたします

*

レーシックに保険は使えるのか?損をしないために覚えておきたい4つのこと

   


年間20万人以上が受けると言われているレーシック手術。
今回は少しでも安く、お得にレーシック手術を受けてもらうための方法をお伝えしていきたいと思います。損をしないために覚えておきたいこととして紹介していきたいと思います。是非参考にしてみてください。

覚えておきたいこと①医療保険は使えるのか?

まず前提としてレーシック手術は保険外診療にあたります。
つまり健康保険が使えない。
レーシックに関わる費用は全て負担、全額自費にて費用を出さなくてはいけません。

相場はピンキリですが、最新のマシンを導入し、アフターフォローなど質の高いサービスを提供しているところは40~50万円くらいはすると言われています。
健康保険適用となれば1~3割負担になるのでかなり助かると思いますが、
残念ながら健康保険は適用になりません。

そもそも私たちが「健康保険」と読んでいるものは政府が運営する公的医療保険のことをそう呼びます。
一方、民間の保険会社が販売しているものが「医療保険」と呼ばれていることが一般的です。

例えば入院した日数に応じて1日あたり5000円~1万円の給付金が出る。
手術をしたときに手術に応じて給付金が支給される。
もしこれらのようにレーシック手術の費用の一部が給付されたら嬉しいですよね?
医療保険はレーシック手術に適用されないのか?

実はこれはあなたが入っている医療保険がどのような契約になっているのかによって変わってきてしまうのです。
特に今の医療保険に入った年代が一つの大きな分岐点であります。

2007年4月より以前か以降か?

もしあなたの加入している医療保険が2007年4月より以降の加入であればレーシックが保険の「対象ではない」可能性がかなり高くなります。
これは2007年4月に大幅な改訂があり、レーシック手術が医療保険の保障対象から除外されるようになってしまったのです。

これはそれまでは保障対象でしたが、レーシックをするために保険に入り、レーシックを受けたらすぐに解約してしまう。そんな悪用とも取れる保険の使いかたをしている人が当時とても大きく問題に思った各保険会社は契約の改訂を行ったためだと言われています。
そのような背景もあり、今ではレーシックの手術は保障の対象外となっているケースがほとんどなのです。

しかし、2007年4月以前だから必ず保障対象になっている。
もしくは以降だからと言って対象ではない・・・というわけではありません。
詳しい保障内容についてはやはり加入している保険会社にきちんと問い合わせる必要があります。

対象だと思っていたのに対象では無かった・・・(もしくはその逆)なんてことになったら大変なことになってしまいますので、必ず自分だけで確認するのではなく、加入している保険会社に訪ねてみてください。

覚えておきたいこと②医療費控除を受ける

レーシックに保険は使えない・・・そう思ってがっかりしてしまった方も多いかと思います。
しかしそれ以外にもお得にレーシックを行うことができることをご存知でしょうか?
それが医療費控除を受けるということです。

レーシックの手術は数十万単位の費用になります。
医療費が年間で10万円を超えた場合医療費控除が使えることをご存知でしょうか?
医療費控除とは、

年間で10万円以上の医療費が掛かった場合、
超えた分をその年の所得から差し引くことができる

という制度になります。

細かい計算方法などは割愛しますが医療費控除を受けることで課税所得が低くなります。
所得に応じて翌年の住民税の額も決まります。
つまり医療費控除を受けて課税所得が低くなることで、翌年の住民税も当然安くなるのです。

また、すでに支払っている税金も還付されます。
還付される額や所得税の額は所得税率によって変わってくるため、一言でいくら戻ってくるということは案内できません。

一般的な会社員の場合は給料から天引きで各種税金が差し引かれてしまい、それらは基本的には戻ってこないものです。
しかし、医療費控除を申請することで税金の還付や翌年の住民税が安くなる可能性があるので、
少なくとも医療費控除を行って損はしないのです。

また家族の医療費も同じ世帯の医療費控除として申請ができるため、
家族がレーシックを行った場合でも還付金や税金を安くできるチャンスとも言えるでしょう。

医療費控除を受けるには会社員の方であっても確定申告をしなければいけません。
確定申告というと慣れない方は難しいそうに感じるかもしれません。
しかし実際にはネットで書式をダウンロード、もしくは直接打ち込んで書類を作成も出来ますし、迷ったら税務署の方に相談しながらも作成できます。
30分~1時間もあればだいたい作成できるでしょう。

またよく混合されてしまう方も多いのですが、「還付だけの申請」に限れば通常の確定申告とは申告の期限が違います。
医療費控除の還付の申告期限は5年なのです。
ですので、仮に医療費控除の申告を忘れてしまっても期限に余裕があるので還付を受けられる可能性が高いというワケなのです。

確定申告には年末調整か源泉徴収表、医療費の領収証などが必要となってきます。
必要書類についても税務署などでも教えてくれるので一度相談してみてください。

覚えておきたいこと③保障制度があるクリニックを選ぶ

レーシックの手術には健康保険が使えないということはお伝えしたと思います。
それは一般的には自由診療とも呼ばれています。

自由診療の医療費やサービスなどは病院側が自由に決めることができます。
ですので、手術代も自由に決めることができますし、例えば保障制度も病院によって内容が違うのです。

一般的な保障期間は3~5年ほどとしている病院が多いようです。
保障内容や期間はとても重要な内容となるので、手術前に必ず病院に確認していただくようにしてください。
ちなみに南青山アイクリニック東京の「イントラレーシック・イントラカスタムレーシック」では無期限の保障がついていて、再手術が一回無料となっています。

覚えておきたいこと④実績の多い病院を探す
ここまではできるだけお得になる方法ということで紹介してきましたが、
こちらではある意味一番重要になることについてお話していきたいと思います。

レーシックは角膜をレーザーで照射することで視力回復の効果が期待できる手法です。
しかし、あなたも一度は聞いたことがあるかもしれませんが覚えておいてもらいことがあります。

それは・・・
「一度レーシックをした角膜はレーシック前の状態には戻せない」
ということです。

再手術ができないわけではありませんが、やはり何度も手術を行うことは感染症や合併症のリスクが伴います。
それを防ぐためには実績、経験の多い医院で行うことが重要なのです。

実績が多いことで当然それまでのデータの蓄積があります。
経験も豊富なので当然、患者さんの症例にあったやり方も提案できます。
まずはあなたが検討している院がどれくらいのレーシック実績があるのかを問い合わせてみることも必要でしょう。

覚えておきたいこと⑤術後のアフターフォローは万全か?

レーシックは手術をして「ハイ、おしまい。」そんなものではありません。
術後のアフターフォローがとても大事なのです。

どういうことかと言うとレーシックを受けた直後は視力も回復して順調であっても、数ヶ月でまた視力が落ちてしまう・・・そのようなこともあるのです。
人は一人一人違う容姿や体型や性格があります。
眼球も当然ですが人によって違うのです。

角膜の厚みの違い。
近視なのか?遠視なのか?乱視なのか?白内障なのか?老眼なのか?

人によって症状は様々ですし、悩みも当然違います。
一言でレーシックと言ってもそれぞれの特徴や悩みに応じた治療法の提案、
術後のアフターフォローを行う必要があるのです。

値段が安いから。
それだけの理由で選ぶことは決してお勧めはできません。
目は一生関わることです。
安易に選択し後戻りできず、後悔はしないでもらいたいと思っています。

最後に・・

ここまでレーシック手術を受ける上で覚えておいてほしいこととしてお伝えしてきましたが、私が一番伝えたいことをお話します。
それは「あなたのことを本当に考えてくれる医師や病院を選ぶこと」ということです。

大手クリニックが大量のレーシック手術を行ったことで「レーシック難民」と呼ばれるような患者様が多数現れてしまいました。
これは患者さまの眼の健康のことよりも、
売上や利益に走ってしまった結果だと感じております。

元来、レーシックとはマイナスをゼロに戻す治療ではなく、
ゼロからプラスにもっていくプラスの治療なのです。

そのため安全性の確立は絶対であり、理論上安全な治療法なのです。

にも関わらず、術後に後遺症が出てしまう方が出てしまうのは本当に患者さまと向き合えず、
患者さまの立場になって治療法を提案できていないクリニックが多いのではないかと思います。

南青山アイクリニックでは視能訓練士(ORT)と呼ばれる国家資格の資格者によるマンツーマンコンサルティングを実施しています。
それによって手術を受ける方へ、屈折矯正手術によるメリットともっとも適した治療法、想定される合併症を正しく理解し、インフォームドコンセントの徹底しているのです。

そんな南青山アイクリニックでは、視力の低下に悩み方の為の>無料セミナーを定期的に行っています。
視力の低下に悩み、改善したいと思う方は是非一度無料セミナーに足を運んでみてください。
視力の悩みを改善し、明るく快適な生活を実現させましょう!


この記事を書いた人

里見かずゆき
役に立つ情報を分かりやすく伝えることをモットーにしているコンテンツライター。
自身も高校生のときに1.5あった視力が0.3近くまで低下してしまった経験あり。
独自で視力低下についての情報を調べ上げ、それを発信していきたいと考えている。

 - 投稿記事