表参道眼科マニア

南青山アイクリニックが眼科に関するマニアックな話題を中心にお送りいたします

*

南青山アイクリニックの保険診療について第2回治療的角膜切除術(PTK)について

   

2014年4月より、エキシマレーザーによる治療的角膜切除術(PTK)が保険適用で手術できるようになりました。
保険適用の対象疾患は角膜ジストロフィーと帯状角膜変性症です。実際は2010年から保険適用はされていたのですが、2010年は診療所に麻酔科医が常勤していないといけない(この手術に麻酔科医は必要ありませんし、そもそも点眼麻酔しか使いません)。2012年は有床診療所でなくてはならない。(どの施設でもほとんど日帰りで行っていると思います)などの現実的でない条件が付いていたためクリニックでは保険で実施できませんでした。

南青山アイクリニックでは開院以来700件を越える治療的角膜切除術(PTK)を行ってきました。以前より関東近辺の沢山の先生方よりご紹介をいただいていましたが、今年の4月より保険適用になりさらにご紹介いただく件数が増えてきています。

帯状角膜変性症PTK手術前
帯状角膜変性症オペ前

帯状角膜変性症PTK手術後帯状角膜変性症オペ後

ある帯状角膜変性症の患者様は、昔この病気について眼科で相談したが角膜移植しかないと言われ、視力が低下しているために運転免許も通らなくなり、生活にとても不便を生じていらっしゃいました。
その後、近医の先生より当クリニックに紹介され、PTKを行ったところ視力も改善され、運転免許も再度取得出来るようになり、涙を流して喜ばれました。

角膜変性症は後天的、遺伝的に起るものなど様々な種類があります。また、腎機能障害により長期間にわたって人工透析をされている方は、角膜に混濁が発生する方もおり、潜在的な患者様は多数いらっしゃると思います。すべてが保険適用になるわけではありませんが、角膜混濁でお困りの方はクリニックまでご相談ください。

文責T

 - 保険診療 , , , , , ,