表参道眼科マニア

南青山アイクリニックが眼科に関するマニアックな話題を中心にお送りいたします

*

「 レーシック 」 一覧

次世代の近視矯正手術 リレックス スマイル(ReLEx smile)の安全性は?レーシックとの違いは?

リレックススマイル(ReLEx smile)は世界で約25万例の症例があり、58 …

オルソケラトロジーの乱視矯正効果について。夜にコンタクトレンズをつけるだけで乱視が治る?

オルソケラトロジーとは、就寝時に特殊なハードコンタクトレンズを装用し、角膜の形を …

視力回復手術を語る 第15回 いろいろな老眼治療

40歳以上になると老眼が始まり、60歳前後まで近方が見えづらくなっていくため、不 …

視力回復手術を語る 第14回 レーシック、ICLと老眼 その②

老眼、いわゆる調節力の低下は40歳前後より自覚症状が出始め、60歳頃まで続きます …

視力回復手術を語る 第13回 レーシック、ICLと老眼 その①

レーシック、ホールICLは一般に近視、遠視、乱視などの屈折異常を矯正し正視にする …

視力回復手術を語る 第12回 レーシックの過矯正

『過矯正』とは一般に、近視眼に対し強くレーシックをおこなった結果、遠視になってい …

視力回復手術を語る 第11回 レーシックのハロ・グレア

レーシックの合併症のひとつに、夜間光がぎらつく、滲むといった症状『ハロ・グレア現 …

多焦点眼内レンズについて

現在、国内で年間約100万件程行われる白内障の手術では、近視、遠視、乱視の治療だ …

視力回復手術を語る 第10回 レーシックvsホールICL ⑤ 視力回復手術の是非

何回かにわたってレーシックとホールICLについて比較しながら紹介してきましたが、 …

視力回復手術を語る 第9回 レーシックvsホールICL ④ 合併症 ICL編

合併症 ICL編です。 High Vault、Low Vault ICLにはサイ …

視力回復手術を語る 第7回 レーシックvsホールICL ②

レーシックvsホールICL第2回目です。 矯正可能な屈折度数の違い レーシックの …

視力回復手術を語る 第6回 レーシックvsホールICL ① iclのデメリットとは?

ホールICLは、フェイキックIOLのデメリットのひとつであった虹彩切開が不要であ …

視力回復手術を語る 第5回 眼内レンズで視力回復 フェイキックIOL概論

強度近視や角膜が薄い方などレーシックに向かない眼には、眼の中にコンタクトレンズを …

視力回復手術を語る 第4回 収差とレーシックその2

眼鏡やソフトコンタクトレンズで矯正できる近視、遠視、乱視は低次収差に分類され、 …

視力回復手術を語る 第3回 収差とレーシックその1

今回は視力回復治療に切っても切り離せない『収差』についてお話しします。 カメラに …

視力回復手術を語る 第2回 レーシックのしくみ

レーシックについて、角膜にレーザーを当てて近視、遠視、乱視を矯正する治療というこ …

視力回復手術を語る 第1回 光の屈折

南青山アイクリニック眼科スタッフのHMRと申します。 わたくしは眼科に携わるもの …