ドクター紹介

戸田 郁子(院長) 井手 武(副院長)
三木 恵美子 坪田 一男(手術顧問)
福本 光樹 川北 哲也 福井 正樹
 

専門

ReLEx SMILE・レーシック
オルソケラトロジー・ドライアイ・角膜疾患

開院当時より院長としてレーシックなどのレーザー屈折矯正手術に取り組み、症例数は12000症例を超える。16年の長期データを蓄積し、レーザー治療のプロフェッショナルである。米国ハーバード大学留学ではドライアイの重症型であるシェーグレン症候群の基礎研究に従事。

略歴

  • 筑波大学医学専門学群卒業
  • 東京慈恵医科大学眼科
  • 慶應義塾大学眼科
  • ハーバード大学眼研究所留学
  • 南青山アイクリニック院長
  • 慶応大学医学博士
  • 東京歯科大学眼科講師
  • 南青山アイクリニック理事長
  • 慶應義塾大学眼科学教室講師


  •  

    専門

    レーシック
    フェイキックIOL・円錐角膜手術
    白内障手術

    LASIKはもちろんフェイキックIOLや円錐角膜手術まで、多岐に亘る手術を手掛ける。研究論文も多数執筆。また、JINSPCの開発にも携わり、ブルーライト研究の第一人者としても多方面で活躍中。

    略歴

  • 大阪大学医学部卒業
  • 大阪大学眼科学教室
  • 大阪警察病院
  • 大阪大学大学院医学系研究科(医学博士)
  • Miami大学Bascom Palmer Eye Institute 留学
  • 南青山アイクリニック勤務


  •  

    専門

    白内障手術・外眼部手術
    (斜視、眼瞼下垂、翼状片など)

    実績に裏打ちされた技術と優れた知識を持ち合わせており、繊細な手技を必要とする白内障手術をはじめ、斜視や眼瞼下垂、涙点閉鎖など多岐に亘る眼治療を担っている。柔和な笑顔も魅力で、信頼が厚い。

    略歴

  • 東京医科大学卒業
  • 慶應義塾大学眼科学教室
  • 国立小児病院(現国立育成医療センター)
  • 国立埼玉病院(現埼玉病院)
  • コロンビア大学留学
  • 永寿総合病院眼科部長
  • 南青山アイクリニック勤務


  •  

    専門

    ReLEx SMILE・レーシック
    フェイキックIOL・円錐角膜手術
    白内障手術・老眼治療・角膜移植

    LASIKを筆頭とした屈折矯正手術、白内障手術、円錐角膜手術など多岐に亘る手術ができるスーパードクター。常に新しい研究に力を注いでおり、その傍ら、様々な学会の 理事や評議員も務めている。『ごきげんに生きる』がモットー。

    略歴

  • 慶應義塾大学医学部卒業
  • 米国ハーバード大学留学
  • 同学 角膜クリニカルフェローシップ卒業
  • 慶應義塾大学より医学博士授与、日本眼科学専門医認定
  • 東京歯科大学眼科助教授
  • ハーバード大学訪問教授
  • 東京歯科大学眼科教授-2004年3月まで
  • メルボルン大学訪問教授
  • 東京歯科大学客員教授、現在
  • 慶應義塾大学医学部眼科教授、現在


  •  

    専門

    レーシック、オルソケラトロジー
    コンタクトレンズ

    患者様の立場で診察、説明できるよう常に心掛けております。どんなことでもかまいませんので、皆様のお言葉で、納得できるまでお聞きいただければ幸いです。

    略歴

  • 防衛医科大学校卒
  • 防衛医科大学校付属病院眼科
  • 自衛隊中央病院眼科勤務
  • 南青山アイクリニック勤務
  • 南青山アイクリニック横浜院長
  • 南青山アイクリニック勤務


  •  

    専門

    レーシック・フェイキックIOL
    円錐角膜手術・白内障手術
    角膜移植

    自分自身が10年以上前にレーシックを受けましたので、具体的に患者様の気持ちになって診療や手術にあたることができると感じております。近視、乱視や老視の治療の進歩は近年とくにめざましく、最新の治療を安心して受けていただけるよう日々勉強しております。角膜移植、角膜、涙腺再生医療にも力を入れてお りますので、目の表面の病気でお悩みの方は重症の方でもご相談ください。気軽に話しかけていただける、また患者様に安心感を与える眼科医を心がけております。

    略歴

  • 金沢大学医学部卒業
  • 名古屋大学大学院卒
  • マイアミオキュラーサーフェスセンター留学
  • 東京歯科大学眼科講師
  • 慶應義塾大学 眼科学教室専任講師
  • 北里大学北里研究所病院 眼科部長
  • 南青山アイクリニック勤務


  •  

    専門

    レーシック・角膜移植・白内障手術

    私は医師として自分の専門を決める際に角膜移植で視力を出すことを目標に眼科医を選択しました。それには角膜移植はもちろん、屈折、眼表面疾患、そして眼科一般疾患までに精通していなければなりません。その気持ちを持ちつつ、皆様が理解でき、納得して受けれる医療を提供したいと考えております。

    略歴

  • 慶應義塾大学医学部卒業
  • 国立病院機構東京医療センター初期臨床研修
  • 慶應義塾大学病院眼科学教室
  • 国立病院機構東京医療センター眼科後期臨床研修
  • 足利赤十字病院眼科医長
  • 慶應義塾大学病院助教
  • 南青山アイクリニック勤務