クリニック紹介

logo

南青山アイクリニックと
Quality of Vision

南青山アイクリニックは、1997年に眼科専門医により本格的な屈折矯正手術専門施設として開院しました。以来、レーシックを中心に科学的な根拠に基づいた上質な医療を提供できるよう、日々邁進してまいりました。

当院の経営理念は

「患者様に最高のQuality of Visionを提供する」です。

1) 疾患の治療:病気の治療を行い、症状や失明を防ぎます。マイナスをゼロにする治療です。

2) 予防医療:症状のないうちに疾患の早期発見、早期治療を行います。正常状態(ゼロ)を保つ医療です。

3) プラスの医療:視力矯正術やアンチエイジング医療によってより良い生活(Quality of Life)を提供します。

1)一般眼科保険診療では広範囲の眼科疾患に対応するために、角結膜疾患やコンタクトレンズの他、白内障、緑内障、網膜疾患など専門医を招いて診療を行っております。

2)「眼科ドック」にて総合的な眼の検査を行い、緑内障などの加齢性疾患などを早期に見つけます。

3)の中には、レーシック以外にも最新のレーザー手術RelExSMILE、有水晶体眼内レンズ、遠近両用眼内レンズを用いた白内障手術や、円錐角膜治療、老眼治療、ナイトレンズ(オルソケラトロジー)など様々な視力矯正治療を行っております。

職員一同微力ながら、最先端の医療をとりいれつつ、地域医療に貢献してゆく所存です。 どんな小さな眼の不具合でもご相談いただければと思います。患者様のQuality of visionの向上のために、今後も鋭意努力してまいります。

南青山アイクリニック理事長 戸田 郁子

クリニック概要

施設名 医療法人社団 南青山アイクリニック東京
院長名 戸田 郁子(Ikuko Toda)
所在地 〒107-0061
東京都港区北青山3-3-11 ルネ青山ビル4階
地図・アクセス方法
開設日 1997年6月
診療科目 自由診療眼科、保険診療眼科
専門分野 レーシック、カスタムレーシック(ウェーブフロント、トポリンク)、PRK、フェイキックIOL、モノビジョンレーシック、アキュフォーカス、CK、白内障手術(マルチフォーカルIOL)、円錐角膜治療(円錐角膜用コンタクトレンズ、リボフラビン紫外線治療、角膜移植)、オルソケラトロジー、ドライアイ、アレルギー性結膜炎、角膜疾患、眼精疲労
お問い合せ Tel:03-5772-1451
・クリニックの協力医療機関一覧(全国)

診療案内

診療受付時間 9:30~12:00
14:00~17:30(予約制)
休診日のご案内 火曜日、月曜日の祝日
診察のご予約 【お電話でのご予約】
 Tel:03-5772-1451

南青山アイクリニックの沿革

1997年6月 南青山アイクリニック(現南青山アイクリニック東京)が表参道に開院
1997年7月 サミット社エキシマレーザー「APEX PLUS」導入、PRK手術を開始
1997年10月 レーシック手術を開始
1998年5月 モリア社マイクロケラトーム「LSK-1」を導入
1999年4月 みなとみらいアイクリニック(元南青山アイクリニック横浜)開院
1999年4月 ニデック社エキシマレーザー「EC-5000」導入
1999年8月 南青山アイクリニックが医療法人となる
1999年8月 わたなべアイクリニック(元南青山アイクリニック大阪)開院
1999年10月 南青山アイクリニック福岡開院
1999年10月 ニデック社マイクロケラトーム「MK-2000」導入
1999年12月 フェイキックIOL (眼内レンズで屈折力を変える)手術導入
2000年7月 南青山アイクリニック 東京が外苑前に移転
2000年7月 南青山アイクリニック名古屋開院
2000年11月 アイクリニック静岡開院
2000年12月 ICRS(角膜前面のカーブを変え近視を矯正)手術導入
2001年6月 レーシック手術累計 10,000眼達成
2001年10月 LASEK手術導入
2001年11月 老眼レーザー手術導入
2002年1月 EC-5000 アイトラッキングシステム導入、EC-5000CXへバージョンアップ
(レーシック手術中、眼球の動きに追尾してレーザーが照射されるシステム)導入
2002年2月 PermaVision ICL(遠視矯正が可能な角膜内レンズ)手術導入
2002年7月 Phakic Toric IOL(Phakic IOLの一種で、乱視矯正も可能)手術導入
2003年1月 VISX社レーザー「S3」を導入
2003年1月 Accommodative IOL
(ピント合わせ機能を持つ人工レンズで、老眼や 白内障治療に適用)手術導入
2003年2月 レーシック 手術累計 20,000眼達成
2003年8月 ドイツ製エキシマレーザーのレーシックの臨床試験(治験)を開始
2003年10月 VISX社レーザーを「S4」にバージョンアップ
2003年10月 ウェーブフロントレーシック導入
2003年11月 南青山アイクリニック名古屋いりなか眼科クリニックと統合・移転
2004年1月 ボシュロム社製レーザー「Zyoptix 217z100」導入
2004年3月 ニデック社製レーザーEC-5000CXにTED(Torsion Error Detection:眼球の回旋を測定)導入、EC-5000CXIIにバージョンアップ
2004年4月 南青山アイクリニック大阪は、南青山アイクリニックグループより独立し、稲澤クリニックと名称を変更
2004年10月 アイクリニック静岡が同一法人の「菊川眼科」内に移転
2004年11月 レーシック手術累計30,000眼達成
2004年12月 エピレーシック手術を導入
2005年9月 遠視・老視に対するConductive Keratoplasty (CK)手術導入
2005年9月 Artiflex Phakic IOL手術導入
2006年2月 トポリンクレーシックを導入
2006年4月 手術累計40,000眼達成
2006年9月 Acri.Twin Multifocal IOL(白内障後の遠近両用眼内レンズ)手術導入
2006年10月 レーシック手術累計40,000眼達成
2006年11月 いりなか眼科は南青山アイクリニックグループより独立
2006年11月 ニデック社レーザー EC-5000CXII に OTE(Online Torsion Error Derection : レーザー照射中の眼球の回旋を測定)を導入
2006年11月 Phakic IOL手術累計500眼達成
2007年2月 円錐角膜に対するリボフラビン紫外線治療を導入
2007年3月 TGCKを開始
2007年5月 老視矯正レーシックを導入
2007年11月 Acri.Lisa Multifocal IOL(Acri.Twin Multifocal IOLを改良したレンズ、乱視矯正も可能)を導入
2008年2月 南青山アイクリニック福岡の診療体制の変更(林眼科病院で診療開始)
2008年6月 手術累計50,000眼達成
2008年9月 角膜移植を開始
2009年3月 AMO社イントラレースを導入
2009年7月 南青山アイクリニック東京が北青山に移転
2010年2月 南青山アイクリニック横浜は、南青山アイクリニックグループより独立し、「みなとみらいアイクリニック」と名称を変更
2010年11月 老視に対するアキュフォーカスリング手術導入
2012年5月 LipiFlow(ドライアイ治療)を開始
2012年6月 iLASIK導入
2012年8月 白内障手術における多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の先進医療取り扱い施設に認定
2012年8月 円錐角膜治療(角膜内リング挿入術)にフェラーラリングを導入
2012年8月 オルソケラトロジーレンズ「東レブレスオーコレクト」の取り扱いを始める
2012年8月 ドライアイ・VDT検診を開始
2013年5月 iDesign iLASIKを導入
2013年8月 ホールICL(穴あき後房型フェイキックIOL)を導入
2015年9月 ニデック社レーザー EC-5000CXIIIにバージョンアップ
2015年9月 眼精疲労、子供の調節緊張治療『通電くん』導入
2015年10月 ZEISS社のフェムトセカンドレーザーVISUMAX導入
新世代の屈折矯正手術『ReLEx SMILE』開始