表参道眼科マニア

南青山アイクリニックが眼科に関するマニアックな話題を中心にお送りいたします

*

オルソケラトロジーは費用対効果の高い近視治療。コンタクトレンズや眼鏡の価格と比較。

      2016/10/17

近視治療には様々ありますが、どうしても手術が怖いという方にはオルソケラトロジーがお勧めです。オルソケラトロジーは、夜間寝ている時にレンズを装用し、日中は裸眼で過ごせるという治療です。近年主流のレーシック手術はレーザーを照射し近視や乱視を矯正する治療で、レーザーを使用するので正確に矯正することが可能ですが、元の状態へ戻すことは出来ません。

オルソケラトロジーは、レンズを付けることをやめれば元の状態に戻りますので安全性の高い治療と言えます。

 

オルソケラトロジーの費用(価格)についてもレーシックの38~48万円前後と比べれば、当院では19万円(税込)となっており、近視治療の中では安価な部類になります。もちろんコンタクトレンズや眼鏡に比べると、開始当初は一時的に費用がかかりますし、およそ3年に1度のレンズ交換も必要になりますが、5年後までの費用を比べてもコンタクトレンズや、レーシック手術との大きな差はありません。

 

各近視治療の費用(価格)比較

近視治療方法 条件 1年後 2年後 3年後 4年後 5年後
眼鏡 2年ごとに3万円の眼鏡を購入 3万円 3万円 6万円  6万円  9万円
コンタクトレンズ 使い捨て1day(両目で月5,200円) 6.2万円 12.4万円 18.6万円 24.8万円 31.0万円
レーシック手術 両眼38万円 38.0万円 38.0万円 38.0万円 38.0万円 38.0万円
オルソケラトロジー 両眼19万円 19.0万円 19.0万円 19.0万円 33.0万円 33.0万円

定期検査はどれも3,000円程度

 

このように、5年後の価格を比べるとオルソケラトロジーの費用(価格)はコンタクトレンズやレーシック手術と大きく変わらないことがわかります。

 

オルソケラトロジーはどなたでも出来る治療ではありません。治療開始にあたり適応かどうかの適応検査が必要となります。南青山アイクリニックで初回の適応検査時にかかるオルソケラトロジーの費用(価格)は5,000円です。内訳は検査費用が2,000円、1週間ご自宅で試していただく「装用体験」のレンズ貸出費用3,000円の合計5,000円です。適応検査で適応になられたらご自宅で1週間試していただき、視力の回復に満足いただければ購入となります。

 

オルソケラトロジーのメリットは、スポーツや勉強する時に裸眼で見られることです。コンタクトレンズが乾いたり、眼鏡がズレたりすることがありませんので集中してスポーツや勉強に打ち込めます。学生や社会人生活で活動的な時こそオルソケラトロジー治療の最適な期間です。

ご興味のある方は一度適応検査を受けられてはいかがでしょうか。

水流

 

まず1週間お試しいただいた後に、購入もしくは中止するかご検討いただけます。
詳細はオルソケラトロジーページをご覧ください。

 - オルソケラトロジー, スタッフブログ