表参道眼科マニア

南青山アイクリニックが眼科に関するマニアックな話題を中心にお送りいたします

*

オルソケラトロジーはレーシック後でも可能なのか?

      2016/05/27

手術をしない視力矯正治療として注目を集めている“オルソケラトロジー”
夜コンタクトレンズつけて寝るだけで視力が回復できるなんて、眼鏡やコンタクトの煩わしさから解放されたい方、裸眼で快適な生活を送りたいと思っている方には魅力的な治療法ですよね。

オルソケラトロジー治療を検討されている方へは、まずは適応検査を受けていただくことをオススメしますが、いざ眼科へ行く前に“気になること”たくさんありますよね。

 

オルソケラトロジーって
どのような人に効果があるのか?
視力がどれくらい回復するのか?
強度近視でも大丈夫か??
乱視も治る?
老眼は??
メリットやデメリットは?
などなど…。

 

オルソケラトロジー治療は保険がきかない自由診療ですし、治療費や検診料、ケア用品代などを考えると決して安くはありません。大切な眼のことですから、慎重に考えていただきたいと思います。上にあげた質問は、過去にスタッフが書いたブログでも詳しく説明しておりますので、ぜひご覧ください。

 

オルソケラトロジー治療に興味を持たれている方が一番気にされるのは、やはりその“効果”ではないでしょうか。治療を始めても期待した効果が得られなかったら… がっかりしてしますよね。

 

最近いただいた質問で
『オルソケラトロジーは、レーシック後でも可能ですか?』
というのがありました。
以前レーシックをしたけれど少し近視が戻ってしまい、オルソケラトロジー治療を検討されていたようです。
再手術をするには角膜の厚みが足りなかったり・・・、もう手術は受けたくなかったり・・・と、レーシックを受けた後でオルソケラトロジーを希望される方も増えているようです。

 

果たしてその効果ですが・・・
レーシックは、エキシマレーザーで角膜を削り、角膜の形状を変えることによって近視や乱視を矯正します。近視の方はレーシック前と比べると、レーシック後は角膜形状が平らになります。

 

オルソケラトロジーは、ハードコンタクトレンズで角膜を圧迫して形状を平らに変えて近視や乱視を矯正するので、角膜の形状が平らな方は効果が出にくくなります。レーシックをされている方でもオルソケラトロジーの装用は可能な場合もありますが、角膜形状が平らなため、残念ながら十分な矯正効果がでない可能性が高いです。ただオルソケラトロジーが可能かどうかは実際に角膜の形状や近視や乱視の度数を検査した上で判断しますので、レーシック後でも興味がある方は一度ご相談ください。
南青山アイクリニックは、レーシックをはじめとする屈折矯正手術も行っておりますので、他院でレーシックを受け近視が戻ってしまい、オルソケラトロジー治療を希望したけれど不適応となってしまった場合は、その方にあった治療方法をご提案できると思いますので、ご相談いただければと思います。
本木

 

【オルソケラトロジーは装用体験が可能です】
南青山アイクリニックでは、オルソケラトロジーの装用体験が可能です。

まず1週間お試しいただいた後に、購入もしくは中止するかご検討いただけます。
詳細はオルソケラトロジーページをご覧ください。
 

 - オルソケラトロジー, スタッフブログ